合宿免許のメリットデメリットを紹介します

合宿免許のメリットについて

まず、日本全国色々な人と出会えるというメリットが挙げられます。合宿所はあちこちにありますが、利用者全員が自分の住んでいるところから近い場所を選ぶわけではありません。そのため、これまでに出会ったことの無い地域の人と交流することができたり世代の離れた友達を作ることもできるのです。また、何と言っても通学よりも早く免許を取得できるというメリットがあります。選ぶプランによって異なるため一概には言えませんが、ATであれば最短で2週間程度で取得できるというケースも少なくありません。ただし、遅刻をしたり体調不良等で休まないということが条件です。さらに、旅行気分も味わえて素敵な思い出作りになるという点もメリットと言えます。

合宿免許のデメリットについて

メリットだけでなく、デメリットについても確認しておくことが大切です。デメリットとしては、仕事やアルバイトなどを長期に休まなくてはならないことです。上述の通り、最短で2週間で取得できるというメリットがある一方で、反対に言えばそれだけ休みを確保しなければならないということにもなります。正社員として働いている人は、中々これだけの期間まとめて休むということは難しいかもしれません。これに絡めて、きちんとその休暇中に取得をしなければならないというプレッシャーを感じるのもデメリットと言えます。せっかく会社から休みをもらえても、無事取得できなければ会社や上司からの信頼を失ってしまう可能性もあります。

全国各地にある合宿免許の会場を選ぶ際の最大のポイントは「教習以外の時間をいかに楽しめるか?」ということです。教習時間以外のリフレッシュできる環境が自分に合っているかが鍵です。