今更聞けない基本的なこと!CADとはいったい何のこと?

CADとは何の略で何のことを指しているのか

CADはComputer Aided DesignまたはComputer Assisted Designの略語で、日本語に変換するとコンピューターによる設計支援という意味になります。つまりCADは人の手で行うと手間や時間がかかる作業をコンピューターに支援してもらうためのシステムのことを指していて、特に設計図などの図形に関する作業の設計支援を行ってくれるものです。そのため従来は手描きで書かれていた図形や図形に関連する内容のものは全てCADで作成できるようになり、作業する人の熟練度に関係なく一定のレベルの製図ができるようになったとされています。

CADの特徴はどんなものがあるのか

CADの特徴としては、まず製図する人の熟練度に関係なく一定の技術を利用することができる点が挙げられています。このため手描きでは求められていた熟練度がほとんど必要なくなり、CADの使い方や技術を身につけていればどのような人でも指定された製図を作ることができます。また図形の修正にかかる手間や時間が短縮される点や、原本をデータとして保存管理できる点もCADならではの特徴です。これによって図形の修正もコンピューター上で簡単にできるようになり、原本をコピーして応用するということも可能となっています。

CADは製図の手間を省く便利なツール

このようにCADは従来の手描きによる製図の手間や時間を短縮することができるというメリットがあり、さらに手描きで必要とされていた熟練度や技術が必要ないことから製図を担当できる人の幅を広げることが可能となっています。そのため今後製図に関する作業は手描きよりもCADの方が将来性があると考えられており、多くの企業で注目を集めているのです。

水道CADは、上下水道工事の図面作成や申請業務などを、一気に効率化できる水道専用の設計ソフトです。人手による設計をパソコンのソフトを用いることで作業の自動化が図れて、人件費も削減できる利点があります。