知っていますか!?LED照明からもたらされるメリット

省エネにより電気代が安く済む

白熱電球は光と同時に熱を発生させていますが、LEDは熱を使用せず電力エネルギーを光に変換出来ているためその分電力量も少なくなっています。電気代で比較すると、年間で5,000円近くも安くなる場合があります。これは、使用するLEDによって異なるため一概には言えませんが、数多くあるLED照明の種類の中で、特に消費電力が少ないものを選ぶことでこれだけの節約につながるのです。

頻繁に交換しなくても良い

白熱電球ならば買い替え用にいくつも購入する必要がありますし、高い場所であれば脚立を用意したりと手間がかかります。しかし、LEDの寿命は一般的に約10年となっているため一度付けてしまえば長期間交換する必要はなく、費用面でもストックをいくつも用意しておくことも不要なため安く済ませられるのです。

寿命が近づいても安定した色を出せる

白熱電球の寿命はLEDほど長くはなく、寿命が近づくと色が暗くなったり場合によっては付いたり消えたりを繰り返すことが多いです。しかし、LEDであれば10年の寿命が近づいても最後まで導入当初の色を出し続けられますし、明るさを保ち続けられます。

室内だけでなく室外でも気軽に利用できる

都会から地方に行くと、夜の信号機に虫が集まっている光景を見たことがある人は少なくないかもしれません。白熱電球が使われることで紫外線が発生し、そこに多くの虫が集まるようになっているのです。しかし、LEDの場合は紫外線フリーなため虫が集まることはありません。そのため、虫の多い夏場であっても室内はもちろんのこと室外でも気軽に使用することができます。

LEDライトパネルは、長寿命設計のLEDを材料に使っている事から、3万時間以上使ってもライトが切れない製品もあります。